暴落時を想定しよう日経平均歴代下落率(1986年以降)

何年かに一度おとずれる未曽有の大暴落。

整理してみると結構頻繁に起きてます。
テロや自然災害、政治・経済の不祥事など要因は様々です。

投資の考え方としてこのような暴落局面を待って買いに入るのが有効なのですが、なかなかそうもいかないですね。

今日は歴代の日経平均下落率をまとめてみました。

第10位 2008/10/22 リーマンショック余波 前日比-6.79%

リーマンショックでは人生最大のピンチに見舞われました。1千万以上あったお金が、ゼロになりました。借金にならなかっただけマシか・・とほほ。信用取引は怖い。

第9位 2008/11/20 リーマンショック余波 前日比-6.89%

毎日、追証の心配をする、あの恐怖感。連日こんなに下げてるのに、翌日さらに下がる・・追証の為の現金をかき集める日々。
なんて怖いんだ信用取引。

第8位 2000/04/17 ITバブル崩壊 前日比-6.98%

終値は19008円(前日比-1426円)。
ITバブル崩壊の始まりとなった日。2日前の4/15に日経225の大幅銘柄入れ替えの発表があり、それも暴落に影響したと言われている。
自分は学生だったので、このころはまだ投資はやってませんでした。

第7位 2013/05/23 過熱感からの反動、調整下落 前日比-7.32%

第6位 2008/10/08 リーマンショック 前日比-9.37%

信用取引をしていなければ史上まれにみる大暴落も、お金がゼロになる事はなく、今でもかなり残っていたと思います。まぁ50万円が1,100万円になる事もありませんでしたが・・

第5位 2008/10/24 リーマンショック 前日比-9.59%

リーマンショックの前、50万円をもとでに1,100万円まで稼いだことで強気になっていました。信用取引で最大のリスクをとっていたと思います。

第4位 2008/10/10 リーマンショック 前日比-9.62%

終値は8276円(前日比-881円)。NYダウが前日比678ドル安に。先物はパニック売りが殺到し一時ストップ安に。日経平均先物でサーキットブレーカー発動。

第3位 2011/03/15 東日本大震災 前日比-10.55%

終値は8605円(前日比-1015円)。日本で観測史上最大の地震(M9.0)が発生。
自分も当時トレードしていて地震の直後、各銘柄とんでもない下がり方をしたのを覚えてます。よく売る余裕があったものだ、自分は非難するのに必死でした。
前日の3/14(月)の下げは地震と津波の被害によるものだったが、この3/15(火)の下げは原発の危機によるもの。この日、菅直人首相が原発事故について国民へのメッセージを発信し売りが殺到。日経平均先物でサーキットブレーカー発動。

第2位 2008/10/16 リーマンショック 前日比-11.41%

終値は8458円(前日比-1089円)。リーマン・ブラザーズがアメリカ史上最大の負債(64兆円)で破綻したことによる世界金融危機。この日NYダウが史上2番目の下げ幅(733.08ドル安)をつけ、日本市場にも売りが殺到。日経平均先物でサーキットブレーカー発動。
自分はこの大暴落で、人生でももっともつらい苦境に立たされます。

第1位 1987/10/20 ブラックマンデー 前日比-14.9%

終値は21910円(前日比-3836円)。NYダウが22.6%暴落し、それを発端に世界同時株安に。日経平均は前日比が-3800円を超え過去最悪に。東証一部の約半数の銘柄がストップ安をつけた。午前中はほとんどの銘柄で値がつかない事態に。

番外 2001/09/12 米同時多発テロ 前日比-6.63%

終値は9610円(前日比-682円)。アメリカで航空機を使った4つのテロ事件が発生。
アメリカの国内取引が全て中止。
日経平均先物でサーキットブレーカー発動しました。
当時、新卒一年目、テレビにくぎ付けになったのを覚えています。
この時は投資はまだやっていませんでした。

番外 2006年1月16日 ライブドアショック

終値ベースでTOPIX(-38.54,-2.31%)、日経平均株価(-462.08,-2.84%)と急落した。マザーズ指数は-11.76%の2469.89。
この時は、少し株をやりはじめだっと思います。ライブドアには手は出してませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です