レバレッジについて考察

国内株式では、現在、預け入れているお金もしくは購入した現物株式を担保に3倍のお金を借り、信用取引としてさらに株を買ったり、逆に売建することができます。
今回はそのレバレッジについてなのですが、正直、これほど怖いものはありません。株で大損して借金を作ったなどという話を昔からよく聞きますが、このレバレッジを使わなければ、最悪ゼロになるだけで借金になることはありません。

国内株式ではレバレッジは3倍までですが、FX(証拠金取引)では、一時期、100倍もの超ハイリスクレバレッジが可能でした。100万円原資があれば、1億円の取引が可能になるのですから。

このレバレッジがあることによって、市場には流動性が増し、いい面もあります。ボラリティ(市場が上下に大きく変動する)もあがるでしょう。

このレバレッジ(信用取引)は、絶対悪というつもりはありません。
自分も今でも使用しています。ただ以前のようにフルレバレッジで使用し、市場が総崩れになる中、委託保証金率が30%未満になり、追証の発生、強制決済などに見舞われ、致命的な傷を追うことになります。
ちなみにリーマンショックのような衝撃的な世界的大暴落でその後も相場が何年も下むいても、現物であれば、その間、配当等を再投資することで、いつかはマイナスを脱することができます。

ただレバレッジを最大限にかけた状態で、市場、ないし、持ち株全てが下落したとき、何%の下落で追証の発生になるか、これから信用取引を行う人は絶対にシミュレーションしてください。びっくりするほど、少しの下落で委託保証金率は下がっていきます。

相場の常識の中で、上手い人は損切ができる、損切がうまいということがしきりに言われてますが、自分の持論では、損切りは持っている株式銘柄にマイナス材料など”新事実が生じて”今の価格が割高になる事を除き、絶対にすべきでないと考えています。経済合理的な判断ができて株を購入したのなら、価格が下落すれば、さらに自分が欲しい株がお買い得になる事を意味しており、買い増すべきだと思います。
これはナンピン買いと呼ばれ、投資が下手な人の手法の典型のような扱いを受けていますが、自分は損切りより、ナンピン買いのほうが、はるかに矛盾がない行動だと思います。

ようは、レバレッジをかけると、この経済合理性の高いナンピン買いができないほど、売らざるを得ないケースに見舞われるということです。

今は便利な世の中です。レバレッジ利用時、どの程度の相場下落に見舞われたら、破綻するのか、ぜひシミュレーションしてみてください。相場の世界では数週間で相場が30%下落するなどざらにあります。
大きすぎる欲にかられてギャンブル・投機せず、あくまで長期の投資を心がけましょう。その中でレバレッジを賢く活用できるシーンがいつか訪れるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です